カート

X

カートは空です

自動ゴミ収集、部屋クリーナー人気者Uoniロボット掃除機比較V980 PLUS vs V980

公開時間:2021-10-26 11:09:12 ビュー:0

自動ゴミ収集、部屋クリーナー人気者Uoniロボット掃除機比較V980 PLUS vs V980 


最近全国の気温が急に下がりました。多くの家庭が直面すべき問題は、この時の床掃除してだらだらと水に触れます。寒くて本当に耐えられないです。この背景でロボットで掃除する必要ではないかと考える人が増えてきました。ロボット掃除機にクリーンを任せて、面倒な日々掃除から解放できます。


自動ゴミ収集ロボット掃除機V980 PLUS


しかし、いくらロボット掃除を購入したくても、盲目に買うと逆効果になるかもしれません。品質がよくない掃除機の場合は例えば、吸力が足りずきちんと掃除してくれないです。あるいは路線計画がうまくやれないので、ずっと同じ区域に回ります。では、一体どんなロボット掃除機がいいですか?おすすめがありますか?

筆者の考えでは、研究開発能力が強く持っているロボット掃除メーカーを選択した方が一番いいと感じています。それらのブランド掃除機はきちんと家事を悩む個人や家庭のことをちゃんと配慮してくれますから。


ロボット掃除機人気者Uoni


先日新しく購入したUoni V980 PLUSロボット掃除が届きました。これは私がUoniから買った第二台の掃除機です。前のV980と同じシリーズです。この二つの製品の大きな違いはPlusのほうが「自動収集ゴミ箱」をもっています。普通のロボット掃除機は頻繁にダストボックスのゴミ捨てが必要ですが、その手間を省略し、自動でゴミ捨てをしてくれる機能がおすすめです。それこそ、V980 PLUSが通常のV980より大きく進化してきました。


では、V980 PLUSと通常のV980を比較すると、何が違いますか?テスト体験結果は皆にシェアします。


外観

外観だけを見ると、このV980 Plusは以前のV980の正面、配色、ボタン、デザインの設定はほぼ同じで、配色も同じです。

最大な区別は充電台の差異です。通常なV980は小さい充電台により、バッテリーチャージします。最新版V980 Plusは充電台+自動ゴミ収集ボックスを備えます。下で充電でき、上は自動ゴミ収集「集塵という」できます。容量4.3Lの専用ゴミ袋があります。活性炭繊維を採用することで、細菌やほこりをしっかりと閉じ込め、袋の中のゴミが浸透しないようにすることができます。


ロボット掃除機購入


カード式「図の茶色の部分」の設置方式を採用して、3つのゴミ袋を用意してくれます。普段1ヶ月1袋のゴミを集めます。この計算で3ヶ月の量があります。それに、取り出した時にゴミやほこりが逃げないようなデザインですから、とても親切です。

全体のデザインから見ると、ほぼ同じく見えます。しかし、よく見ると、V980 PLUSに集塵に関する工夫をしています。底の部分に対していくつのアップグレードをしました。主に以前のV980のゴミ箱の位置に二つの金属センサーが増加しました。それを通じて、集塵箱と通信でき、指示を下します。


ロボット掃除機比較


ロボット機器下のダスクボックスもアップグレードした。V980が水ダスクとゴミダスクを分けたデザインでしたが、PLUSの方が一体設計にします。消費者に使用を便利になります。体験感もUPさせました。そこはUoniの強さと感じます。デザインナ-は自社の製品を体験したこそ、その成長の空間が分かるでしょう。V980からすでにV980 PLUSに進化しました。


ハードウェア

リチウム電池5200 mah、2700 Paの大吸引力、大口径のホイールなどは基本的に一致しています。それらの特性はロボットの最長運行時間「駆動時間」、掃除の清潔程度、障害物を乗り越える能力を決めました。


Uoni V980 PLUS vs V980

公式の最大運行時間3時間と書いてありますが、実際に、一般人は一回で全部屋を掃除する過程でパワーオフまでの機会が少ないです。もちろんあなたの部屋が200平米ぐらいなら、一回でパワーオフになるかもしれません。また自動充電の機能をもって、一旦電源がもうすぐなくなる前にロボット掃除機は「自動帰還」になります。充電100%出来たら、残りの掃除をやり続けます。私の家では普通で掃除し、30分ぐらいです。掃除ロボットは途中で急に止めるなどの悩みがないと思います。


吸引力

ロボット掃除機の吸引力は、多くの人が初めてその製品を買うときに、気になるところです。吸引力が大きいと、米粒のような大きな物や、ペットの毛、人の髪の毛や紙くずなどが完全にきれいに掃除でき、効果が直接に見えるでしょう。


V980 PlusとV980は最大2700Paの吸引力をもっています。もちろん2700Pa以下の設定もあります。


ロボット掃除機充電台



障害物を乗り越える能力+ナビゲーション

両方のホイール、高さ、直径は同じです。高くない障害物「2cm以下」の場合は簡単に乗り越えます。実は障害物を乗り越えるというのはホイールではありますが、実際にはロボットの核心を掃除するナビゲーション技術で駆動されています。ロボット機を選ぶのはナビゲーションを選んできたのです。


UoniのV980 Plusが採用したのは日本独自の開発したASAR_V9 ダイナミックシステムです。内部のセンシングシステムとアルゴリズムもアップグレードされ、Uoni特製レーザーとLDS 8.0ナビゲーション技術を使用して、現在のV980Plusは家庭環境をより深く感知し、利用回数を累計することによって、家庭クリーンのモデリング構図を最適化し、ダイナミック障害マーキングによって、最適化することができます。部屋全体の掃除効率を高めていきます。それに対して、V980はLDS4.0のナビゲーションを採用しました。

簡単な例を挙げると、V980 Plusは障害物にあった後、1秒で候補ルートが計画されていますが、V980は3秒ほどで、途中でもう1、2回の障害物をぶつけて、「前方道路渋滞」を確定し、路線を変更する必要があります。


Uoni 自動ゴミ収集ボックス容量


全体としては、V980 Plusの自動AI識別環境の効率がより高く、より正確である。グレードアップされた境界固体物体探知システムと動態識別システムがあります。だから、固体障害物の位置と区域を覚え続き、私達の家庭に最適なルートを学び続けます。


集塵「自動ゴミ収集」

すべての掃除が終わったら、V980 Plusは自動的に充電ポストに戻ります。(「自動帰還」とも言います)掃除終了でほこりを集めるように設定します。二回、三回の量を溜まってもいいです。あとは集塵ゴミ袋の消耗の問題です。もしあなたはそのゴミ袋がなくなったら、新しいのがまだ来ない場合、V980のように自分が手で処理しかありません。((*´∀`*))ですが事前にゴミ袋を用意することも大事ですよ。


 ロボット掃除機 ブランド


まとめ

面倒な家事は専門の掃除ロボットに任せておけばいいです。UoniのV980 PLUSは自動ゴミ・ほこり収集するロボット掃除機です。V980 PLUSとV980両方を使った後、迷わずにV980 Plusを選択しました。


V980 PLUS集塵


それにこのV980 PLUSは集塵、掃除、モップ掛け、水拭き四つの機能を実現できます。ロボット掃除機に大突破といいます。4.3 Lの大容量の集塵ゴミ袋を持っています。2700 Paの大吸力を持っています。AIマッピング建築図を通じて、掃除効率が大幅にアップします。それに、普通家庭は一ヶ月に一回のゴミ袋を交換したらいいです。掃除の手間を省くだけでなく、ゴミ箱のことも解決しました。毎日定期的にゴミを掃除しています。たまに忙しくなると、掃除箱を捨てることを忘れてしまいます。Appが提示をしてくれます。Uoniは本当の家事から解放できたのは私達にとって理想なロボット掃除機ではないしょうか?

最新記事